EU のパラドックス.

24

欧州連合の基礎に置かれたので 1950 シューマン宣言, ヨーロッパの多くのものが変わった. 欧州統合のプロセスは、市民や企業のための機会を高めるために世界で非常に良い例をします。. しかし, ヨーロッパの EU が非常に良いアイデアではないことを信じる人が多い. これは EU の矛盾 と, 私の意見で, それは、さまざまな理由からの論理的帰結.

歴史的に, 国のほぼすべての重要な変更, 都市や人々 の好意で賛否が常に集団. たとえば, スペインの多くの都市では、都市の中心部の歩行者エリアの拡大: 一般に, 市民が同意しています。, 同じ場所で彼らの貿易を持っている起業家が最初の考えに反対ですが、. 主に, esto se debe al hecho de la disminución de las ventas cuando las obras de estas áreas peatonales tienen lugar y por tanto por la posibilidad de perder sus clientes.

私が心配します。, EU のパラドックスはほぼ同じの例, はるかを理解することは難しい. 偉大な経済と政治連合になるこの重要なプロセスに, 彼らは力を失うために個人またはグループに対する圧力の. 彼らは、メディアを使用して、, 人々 を混乱させる新聞. ヨーロッパのほぼすべての国でこのような現象を見ることができます。. スペインの別の例: このひどい危機に近い失業率の中、 30%, 専門家と人口に次を説明する政治家があります。: 場合、EU のスペイン, 国は、世界での競争力を得るために通貨を切り下げることができる、スペインができる失業率の低下. 彼らはまた、ユーロや欧州連合を残しての結果の残りの部分を説明する必要がありますが、.

前に説明したように, このプロセスで国・地域の議会は、意思決定の力を失っています。. 同時に, 欧州議会と欧州委員会は電力を得ています。. 結果として, この決定する力の損失のためにに対して地域グループがあります。. ただし、, 一般に, これらの変更は、市民に最適, たとえば、EU の政策によって規制されることを好むのでに対して会社がある可能性があります。. この時点で, 我々 は、スペインの銀行と良い例を見ることができます。. 年まで 2011 約, スペインとヨーロッパの銀行は、彼らの政府との問題を持っていなかった. 差出人 2011, 銀行を作っている多くの変更で黒字転換しての国の市民の問題ではないために、会計.

反対に, 欧州連合はあまり若い市民の間で人気のあります。. 私の意見で, 主な理由はこの人口の中で莫大な失業 (54,6% スペインで). 彼らは、ヨーロッパの政治家は、この重要な問題を解決するためにより多くの事を行うことが考え. 結果として, に公開されている様々 な政治グループの抜本的な解決策について、EU 外の世界で競争力を得るために.

要約すると, 私と思う 欧州連合が, 一般に, 社会と経済にプラスの影響. それは様々 な分野で大陸を開発する非常に良いプログラム: エラスムスや Leonardo の教育プログラム, 欧州地域開発基金 (・ フェダー) インフラで … EU のみ管理しているという事実にもかかわらず、 1% EU の予算の, プログラムは、社会で非常に人気のあります。. 私の意見で, 最初の場所で失業率を下げるための特別なプログラムを開発する良いアイデアかもしれない. 2 番目, ヨーロッパの市民の可動性と繁栄を高めるために他のプログラムの開発. したがって, EU のパラドックスが減少またはすぐに消えて.

欧州連合のパラドックス – Juan Antonio Corbalán

最初のマイルス トーンが置かれたので 1950, シューマン宣言 (1), ヨーロッパに変わったことがたくさん. 欧州統合プロセスの市民やビジネスの人々 の機会を高めるために世界で非常に良い例は、します。. しかし, EU は非常に良いアイデアではないと思うヨーロッパで多くの人がいます。. これは EU のパラドックス と, 私の意見で, それはいくつかの理由のための正常な結果.

歴史的に, 国のほとんどの重要な変更で, 都市または人口のグループに対しても常に人の好意と. 例えば, スペインの多くの都市では、都市の中心部の歩行者エリアの拡大: 一般に, 市民が同意しているが、同じ場所で自分の店や会社を持っているビジネス人々 が通常反対 (2). 主に, これは、事実のために売り上げ高の減少これらの歩行者エリアの構造物が場所を取るし、, そのエリアの顧客を失う可能性.

As far as I am concerned, the EU paradox is almost the same example but much more difficult to understand it. In this important process to become a huge economic and political union, there are people or lobbies against because they are going to lose power. And they use their means, like newspapers or other media in order to confuse people. We can see this phenomenon in almost every country in Europe (3). Another example in Spain: during this terrible crisis with unemployment close to 30%(4) (5), there are experts and politicians who explain to the population the following: If Spain left EU, the country could depreciate the currency to earn competitiveness in the world and Spain could low the unemployment rate (6). But, 私の意見で, they had to explain to us all the rest of consequences about not to belong to the euro or the European Union anymore.

As I explained before, in this process parliaments of the countries and regions are losing power to decide their own decisions. And at the same time, EU parliament and European Commission are earning power. Consequently, there are regional groups of people against because of this loss of power to decide. Although in general, these changes are better for citizens, there can be companies against because, for instance, they prefer not to be regulated by EU policies. In this point, we could see a good example with banks in Spain. Until 2011 approximately, banks in Spain and Europe didn’t have any problems with their governments. Since 2011, banks have been doing a lot of changes in their accountancy in order to be profitable and not to be a problem for their countries and citizens (7).

On the other hand, European Union is less popular among its young citizens. In my opinion, the main reason is the huge unemployment rate among this population (54,6% in Spain) (8). They can think that politicians in Europe could do more things in order to solve this important problem. Consequently, they are more exposed to the drastic solutions of several politicians about leaving Europe in order to earn competitiveness in the world.

To sum up, I believe that European Union has, on the whole, a positive influence in its society and industries. It has very good programs to develop the continent in a large variety of fields: Erasmus or Leonardo Program in education, European Regional Development Fund in infrastructures (9)… In spite of the fact that, EU only manages 1% of the budget in the EU, its programs are very popular in the society (10). In my opinion, it could be a good idea to develop special programs in order to low the unemployment rate in the first place. Secondly, to develop other programs in order to increase the mobility and the prosperity of the citizens in Europe. Thus, the EU paradox can decrease or disappear in the next future.

The EU Paradox – Juan Antonio Corbalán

1. ビデオ講義 1-3. ヨーロッパとは何: ヨーロッパの誕生. Course Understanding Europe: それが重要な理由、それは何を提供することができます。. HEC パリ.

2. http://www.diariodelanzarote.com/noticia/los-comerciantes-recelan-de-la-peatonalizaci%C3%B3n-%E2%80%9Cse-ve-menos-movimiento-y-viene-menos-gente%E2%80%9D

3. http://www.bolsamania.com/noticias-actualidad/pulsos/El-26-de-los-alemanes-quiere-salir-del-euro-en-un-duro-reves-para-Angela-Merkel–0720130311165341.html

4. http://www.aprendemas.com/Noticias/html/N13663_F03032014.html

5. http://www.rtve.es/noticias/20130918/30-espanoles-apuesta-dejar-euro-volver-peseta-segun-estudio/747340.shtml

6. http://www.expansion.com/2013/05/06/economia/1367870531.html

7. http://www.expansion.com/2013/11/15/empresas/banca/1384533914.html

8. http://www.aprendemas.com/Noticias/html/N13663_F03032014.html

9. http://europa.eu/legislation_summaries/agriculture/general_framework/g24234_es.htm

10. ビデオ講義 1-7. Debunking some of the European myths. Course Understanding Europe: それが重要な理由、それは何を提供することができます。. HEC パリ.

Leave a Reply